偏った趣味全開なゲームを紹介するsir_tkの部屋(まるで英語の直訳)

興味ない → やってみたい! に変えたいブログ

最速のタイミングで、50万もするデュプリケーターを買ってみた【悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲PS】

悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲 (PS The Best版)

をプレイしたことがある方、プレイ動画を見たことがある方、

ならわかると思いますが、このゲームをクリアするとクリア特典として

特別なアイテムが売り出されます。

それが「デュプリケーター」。



最速のタイミングで、50万もするデュプリケーターを買ってみた【悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲PS】ゆっくり解説


デュプリケーターとは


このアイテムの効果は、

消費アイテムを消費せずに使うことができる

というもの。

つまり無限に使えるようになるということです。


一応デメリットとして、ステータスが大きく下がりますが

それ以上に消費アイテムを無限に使えるメリットというのは

計り知れないほど大きいです。


値段は50万ドル。

敵の落とす最高の金額が2000ドル、といえば

いかにこの値段が高いかわかっていただけると思います。


なーんだ。2000ドルなら250個で50万じゃん。簡単簡単。

そう思われるかもしれません。

しかし2000ドルを落とす敵は一人だけ。しかも結構なレアドロップです。

一応目安として、私が以前普通にクリアしたときに

所持していた金額が30万ドルほどでした。

つまりまた最初からクリアするまでプレイするくらいで

ようやく50万ドルが集まる、と言えるでしょう。


お金の集め方


このゲームのお金は主に三つの手段で集めます。

A.ろうそくなどを壊して、出てくるドル袋を集める

B.敵を倒して、出てくるドル袋を集める

C.宝石を売る


Aは一番現実的な手段で、ろうそくを壊して出てくるアイテムは場所によって決まっています

$100が出てきたところからは、常に$100が出てきます。

画面を切り替えることで、ろうそくは元通りになるので、

時間をかければいくらでも集めることは可能です。


Bは意外に馬鹿にならない手段で、そこそこの確率でお金を落としてくれます。

全ての敵にドロップ率が決められていて、

ハートと$100以下のお金は、確率で落としてくれます。

そのほかに、その敵固有のドロップ品が決まってます。

敵の中には、$1000や$2000をレアドロップするものもいるので、

これで集めることもできるでしょう。


悪魔城には宝石がところどころに置いてあります。これを売るのがCです。

唯一のお店で、宝石だけは売ってお金に換えることができます。

しかし置いてある宝石は数が決まっています。

終盤近くに手に入るジュエルソードという剣を使えば

敵が宝石を落とすようになるので、

それまではあまり使えない手段といえるでしょう。


今回の挑戦


以上を踏まえて、今回の企画を考えてみます。


1.タイミング


最速のタイミングとはいつなのか。

これは簡単で、一番最初にお店に着いた時が最速といえるでしょう。

それまでは極力遠回りをせずに、まっすぐ向かえばいいです。

道中のボスは回避できないので倒すし、

敵もある程度倒していくと、レベルも上がるし

少しだけでもお金が集まります。


2.方法


では肝心のお金集めの方法ですが、どうすればいいでしょうか。

手段はA,B,Cの三種類ですが、このタイミングを考えると限りがあります。

まずCの宝石は、ほぼ絶望的です。

お店にたどり着くまでに手に入る宝石は、まず一つです。

それも一番安いものなので、メインの稼ぎ手段ではありません。

自分で増やす手段もないので、諦めるしかないでしょう。


残るはAとBです。

本来Aが一番現実的ですが、ろうそくを壊して出てくるドル袋で

一番大きなお金が$2000ですが、これは地下水脈に一か所しかなく、

遠回りになってしまうので却下。

同じく$1000は闘技場にありますが、これも却下です。


次に大きいのは$400ですが、

これも遠回りする場所にあるので、却下ですね。


スタート地点からお店までの最短距離で手に入るお金で一番大きいのは、

長い大理石の廊下の途中にある$250です。

外壁側に少し近いですが、それでもちょっと距離があります。

画面切り替えまでの時間を考えると、ちょっと効率が悪いでしょうか。


また、周辺にいる敵もこの時点ではかなり強く、

いちいち倒しているのはかなり時間がかかります。


となると、現実的なのは$100のろうそくです。

これはいくつかありますが、画面切り替えに一番近いのは

外壁の一番下にあるろうそくでしょうか。


次にBの手段を考えてみます。


敵の落とすお金はランダムです。

これをメインに考えるのはあまり効率的とは言えません。

それならば多少時間がかかっても、廊下で$250を繰り返し取ったほうが効率的でしょう。

しかし、$1000や$2000となると話は別です。


お店のある蔵書庫には、「じゅほうてん」と「ぶぐじてん」という二つの本の敵がいます。

これらはレアドロップでそれぞれ$1000と$2000を落とします。

これを狙うのであれば、ランダム要素はあるものの

落とした時の見返りが大きいので、成立する可能性は高いです。


以上を考えると、

まずAの手段では外壁下部にある$100を繰り返し取る方法で、

Bでは蔵書庫の本の敵を倒して大きい金額を狙う方法がありそうです。


ということで、私は今回、まずはAの手段でやってみました。

ひたすら画面切り替えをしながら$100を取る作業に没頭します。

ここではメデューサヘッドが出てくるので、簡単とは言えず

ある程度緊迫した状況でのお金集めです。

ただし、メデューサヘッドはレアドロップでメデューサの盾を落とすので、

同時にそれも狙っていました。


しばらくしてようやくメデューサの盾が手に入りました。

しかし相変わらずお金がたまる気配がありません。

少しずつ確実に増えているのですが、1万ドルたまるのさえいつになることやら。

実質100回取ってようやく1万ドルですからね。


ということで、盾が手に入ったので、今度はBの手段で行くことにしました。


蔵書庫にあるろうそくにはいくつかお金が入ってますが、

本の敵がいるエリアには$100が一つと$25が一つです。

これを多いとは思えませんが、一回につき必ず$125は手に入るんだ、というのは事実です。

問題は画面切り替えまでが結構長いということです。

このエリアは広く、かなり歩かなければ画面が切り替わりません。

しかし途中に本の敵は多いので、ドロップを期待しつつならば許せる範囲かもしれません。

ということで、様子を見つつ試してみました。


じゅほうてんからは、$1000がそこそこの確率で手に入るようです。

大体2往復すれば、1,2回は出るくらいでしょうか。

しかしぶぐじてんからはなかなか$2000が出てきません。

こちらは5往復くらいしてようやく1回出るか出ないかくらいです。

体感なので、もっとひどいかもしれません。


まったく落としてくれない時もありますが、

それでもろうそくからは、確実に$125が手に入り、

そしてバカにならないのが道中の敵から手に入るお金です。

ほとんどが$25ですが、$50や$100も現実的な確率で出してくれます。


長い間試しつつお金を集めてみたら、

大体1往復で平均$1000が手に入ることがわかりました。

これで考えると、50万に達するには大体500往復でいいという計算です。

Aの手段だと5000回取らなければならなかったので、

こちらのほうが多少往復の時間はかかるものの、効率的と言えそうです。


3.実践


あとはひたすら実践あるのみです。

エクトプラズムのいる場所から進み、武具辞典のほうまで倒しつつ$100を取り、

左の階段を下って行って画面転換。

あとは逆走行。それの繰り返しです。


さすがに何往復しているか数えることはしませんでした。

しかしプレイ時間は表示されているのでわかります。

これで50万ドルを達成した時までにかかった時間がわかるでしょう。


4.結果


長いプレイを終え、ようやく50万ドルが集まりました。

表示されているプレイ時間は

約14時間

でした。


おいおい・・・

なんでこんな最序盤で14時間もプレイしてるんだよ・・・

普通にクリアして7時間ほどだったし、

前回の企画でゆっくりプレイしても11時間ほどでクリアしたのに・・・


正直、これだけ大好きだったこのゲームが

嫌いになりそうな自分がいました。


それでも達成したときの満足感は何とも言えなかったし、

この気持ち、そしてプレイを見てほしいなと思いました。


総括


同じことを考えてもめんどくさいし実行はしなかった人、多いと思います。

ぜひこの動画を見て、実践した気持ちを味わってみてください。


同じことを考えて、ほんとに実行してみたお茶目さん。

地獄を見ましたよね??

いやー、お互いにお疲れさまでした。頑張りましたよね。

これからもその愛を、このゲームに注いであげましょう。


そして、終始何を言ってるんだこいつは?と思ってる人

いや、ほんとに辛かったんですってば!

でも子供のころからの夢だったんです。

最初からデュプリケーター持って、

破壊の限りを尽くしたいって。


もちろんゲーム内だけですよ?