【ニーアオートマタ】DLCはお祭り騒ぎ #1「A2選手は舐めプレイヤー」

【ニーアオートマタ】DLCはお祭り騒ぎ #1「A2選手は舐めプレイヤー」を

Youtubeにアップロードしました。DLC編をお楽しみください♪


YouTube


変なメールが来た。

数字とアルファベットだらけの暗号のようなメール。

さっぱり意味は分からないが、少し規則があるような気もした。

ポッドが解析を急いでくれる。出来るなら先にやってくれ。



どうやら位置座標を示していたようだ。

砂漠に水没都市、森の三か所らしい。どれも遠いな。

そこに何があるかはわからないが、とりあえず調べに行かないと話が進まない。

気も進まないが仕方ない。行くか。

考えてみればここ、水没都市だし。近いじゃないかまったく。


どう見ても怪しい扉の前に番犬…じゃなかった、見張りがいた。

会員証がいるだと。

そもそも何の会員なんだか。どう考えても怪しい地下組織だろこれ。

まさか地下闘技場があったりしないだろうな?

この下で地下トーナメントが開催されてたらさすがに笑うぞ?


しかしおそらく目的地はこの奥。

どうにかして入らないと私の面目が立たない。

思案してごそごそやってたらお手製の財布を落としてしまった。


やたら機械生命体からのパーツが手に入るから

それを売るばかりで買い物もしてないからたまる一方で重い。

やれやれ…

「わ、私が買収などという手に乗るとでも?」

財布を拾おうとしたら上からいきなり声がした。

え、何こいつ?

「失礼極まりない!」

そう言いながらこちらの財布をチラチラ見てくる。

う、うわー・・・


試しに1000Gをピラっと出してみると

思った以上にスッと受け取り

「…会員証を確認しました」

とか言ってる。

何こいつ、安すぎないか?

そもそも会員証は1000Gもの価値はないということか。

どこでもよく釣れるメダカやフナが1000Gで売れるんだが…


まあこいつの金銭感覚はどうでもいい。

入れるんならここで問題を起こしてもしょうがない。


入口はそのままエレベーターだった。

だいぶ地下深くのようだ。さて何が待ってるかな。


・・・これは私を笑わそうとしてるのか?

まさか本当に地下闘技場があったとは。

驚きを通り越して呆れるほどだ。


話を聞くと、どうやらここはレジスタンスのストレス発散の場になっているらしい。

奴隷として連れてきた機械生命体を戦わせて、

勝者を予想して賭けている。

戦えるものは壊す楽しみが、戦えないものでも儲ける楽しみがあるそうだ。

ふーん、ご苦労なことだ。


あまりの熱気に私も少しやってみようという気になってしまった。

最近腕がなまってきたし、ここらで腕試しも悪くないか。

正直、ここにいるレジスタンスに負ける気はしないし。


出場してみると驚くほど敵が弱い。

いや確かに一番下のランクだと受付で言われたが、さすがに弱すぎる。

これはあれか?

レジスタンスのストレス発散のために弱いロボを連れてきて

派手に壊すためか?

だとしたら趣味が悪い。


特に歯ごたえも感じなかったが、こんなでも景品があるみたいだ。

え?ヘアカラー?

・・・私におしゃれでもしろと?まさか。


後ろのほうで騒ぎが起こってる。

見てみるとロボが土下座で謝っている。

そういえばそんな奴がいたな。あれ?この入口に前いなかったか?


バトルに出そうとするがそれを嫌がって謝っているようだ。

必死になる機械生命体も珍しいが、こっちのレジスタンスも態度が悪い。


少し気分が悪くなった。

するとポッドがこれ見よがしにヘアカラーを出して何か言いたげだ。

・・・わかったよ!仕方ない。

なんか気分転換したい気分だし、やってやるよ。

私がこんな気持ちになるのは珍しいことだからな?


私の髪の色は白だ。

ずーっと手入れしてないから薄汚れてはいるが元は綺麗な純白だった。

別に汚いのは気にならないが、確かに道具屋は私の髪を見て(汚いな)という目をしてたな。

なら汚れが気にならずに、割とよく見る「黒」にしてみるか。


何か特別なヘアカラーなのかわからないが

シュシュっとするだけでうまく全部染められた。

こういうのに慣れてない私でも出来た。楽だな。


しかし・・・あれだ。

周りの目が気になる。

みんな何も言わないが、心なしかジロジロ見てくる。

なんだ、黒が似合ってないか?


いや、考えてみればこんな場所でいきなり髪を染めたんだ。

変に思うほうが普通か。

失敗した・・・私もなぜこんな場所でやったんだ!?

急に恥ずかしくなってきた・・・


いたたまれなくなって外に出た。

別に負けたわけじゃないからな!?

なんか見張りのやつが(え、もう出るの?)って目で見てるけどっ


あいつの見えない場所まで移動して

ここまで恥ずかしい思いをしたのならもう一緒だと覚悟を決めて

全てのヘアカラーを試すことにした。


まずは白に戻そう。

うん、やはりこれが落ち着くな。

それに今までよりも綺麗な白で…自分で言うのもなんだが…いいな。


次は茶色か。

話によると大昔の人類の一部ではこの色か黒が多かったらしい。

私のような白はむしろ珍しかったようだ。

人類は意外と地味だったんだな。


次は赤。

う・・・ちょっと手についた。

なんか血みたいで嫌だな。

でも、逆に私にはお似合いなのかもな・・・


次は青か。

ポッドによると大昔、人類が遊んでいたゲームというものの中で

ゼノサーガ」というものがあり、そこに出てくるキャラに似ているらしい。

何を言ってるんだ?


次は緑だ。

まるで草のようで私は好きじゃないが

潜入するには迷彩になっていいのかもしれないな。

野外戦にしか意味ないが。


最後は紫か。こんな色まであるんだな。

さすがにレジスタンスでもあまり見たことがない色だ。

目立つにはいいのかもしれないが、私は別に目立ちたいわけではないからな。


いろいろ考えて赤に決めた。

こうコロコロ色を変えていると大変だが、これがオシャレというものなのだろうか?

これを喜ぶのが理解できないが、まあたまにはいいか。

なぜかポッドも満足げなのがほんと理解できない。


ようやく少し気分も晴れたし

もう少ししたらまた闘技場でひと暴れしてやろうかな。


チャンネル登録していただけたら嬉しすぎます↓

www.youtube.com